青汁をたくさん飲んできた管理人がおすすめの青汁をランキング形式でご紹介&青汁関連の情報を掲載している情報サイト。

コンビニの青汁と通販の青汁はどう違ってどちらが良いのか

昨今のコンビニというのは本当に品揃えもすごくて、青汁まで販売をするようになっています。中にはセブンイレブンのように独自のプライベートブランドとして青汁を販売するところまで現れました。

セブンイレブンのプライベートブランドから出ている青汁

原材料は以下の通り。

セブンイレブンの青汁の原材料

青汁の中に入っているアレルギー物質がごまっていうのもはじめて見ました。。入っているのは20包なのでネットの一般的な青汁(30日分)より少ない点も注意。

頂く口コミを拝見しているとコンビニで青汁を買っている方って結構たくさんいらっしゃるんです。皆さん何よりもその「安さ」に惹かれて選んでいる傾向が見受けられます。対局にあるのがネットで売られている「質」を重視した青汁です。

比較してみるとよくわかるかと思います。

※ここではあくまで傾向を指し示しているだけで実際は「商品による」という点だけ付け加えておきます。

コンビニの青汁

  • とにかく安い。
  • 原材料の産地が曖昧。
  • 定期購入はできない(コンビニで適宜買う)。
  • 一箱の価格帯は数百円(10−20日分)。

インターネットで売られている青汁

  • 価格が高い。
  • 原材料の産地が明確。
  • 定期購入が主。
  • 一箱の価格帯は数千円(30−60日分)。

どちらを選ぶか決める前に、知っておくべきこと

上記のそれぞれの特徴だけ見ると価格だけで決めてしまう人が多そうなので、少し補足しておきます。

コンビニで売られているような青汁の特徴は安さ。これだけは揺るがない事実です。

その代わり説明は何もありません。コンビニで売られているので当然なのですが別についたパンフレット等もありません。サービスが殆どなくてすわり心地も悪く身体ガチガチになるけど、とにかく安い、格安航空券のようなものですね。それと無農薬などの記載もないことが多いです。というかコンビニで売られるものを無農薬で作るのはかなり厳しいでしょう。。つまりコンビニで売られている青汁は、その他多くのオニギリやカップ麺のように、なんとなく買う人が多いのだと思います。

対して、インターネットで売られている青汁は(もちろんピンきりなのですが)、素材からしっかりとこだわり、商品の説明をしっかりとしてくれているものが多いです。なぜなら、そうしないとリピートして買ってくれないから、です。

コンビニと違ってウェブサイトというのは必ず訪れるような場所ではないので、しっかりとした商品を作って、きちんとした説明で他との差別化を測った上で、効果を実感してもらわないと「必要」だと思ってもらえません。必要だと思ってもらえなかったら、もう二度と申し込まれることはありません。また、インターネットで売られている青汁はライバルがすごくたくさんいるので、競争をしてレベルアップをしており、どの青汁も商品へのこだわり(無農薬や品種へのこだわりなど)が強いです。

その半面、こだわりすぎて価格が高くなりがち(お試し価格が用意されているものもありますが)。そして定期購入する方への優遇が高いです。

重点をどこに置くのか次第

筆者の個人的な意見としては、青汁は健康と若さ維持のために飲むものなので徹底的にこだわりたい、です。

しかしながら手軽さや安さを商品選びの最も重要なところに置いている方もいらっしゃるでしょうから、そのような方はコンビニの青汁でも良いのではないかな、と思います。

でも、、青汁がプラシーボ効果(薬だと思い込んで飲むと、思い込みの力で実際に風邪が治ってしまったりする心理的効果)で効果があると思っているわけではないですが、しっかりとした説明を受けて、こだわった野菜を使った青汁を飲んでいるという「実感」に勝るものはないのではないかなーと思ったり、思わなかったり。。なのでコンビニの手軽さは青汁との相性と相反するのではないかなと思ったり、思わなかったり。。

これ以上は割愛します。ご自身の身体、そしてお財布とよくご相談なさって決めてみてください。

総合NO1のおすすめ青汁

ふるさと青汁はこちら

青汁選び

あなたにピッタリの青汁診断

自己紹介

こんにちは。青汁コンシェルジュです。調理師免許を保有しています。青汁歴は5年ほどになり、何十種類もの青汁を試してきました。そんな中から個人的におすすめ出来る青汁をランキング形式でご紹介したり、青汁選びに役立つTIPSをまとめていければと思っています。あなたの健康的な生活のために少しでもお役に立てたら嬉しいです。

Copyright © 青汁の私的研究室 All Rights Reserved.