青汁を飲み始めたきっかけは、半断食を始めたことでした。

半断食とは簡単にいえば朝食抜きの断食法で、夜早めに夕食を食べおえたら、次の食事まで18時間あける、というのが基本ルール。私の場合は昼食をとることのできる時間帯があまり自由ではないことから、12時間程度あければokということにしていますが、とにかく朝食に固形物は摂りません。

半断食には、夜の間に胃腸をしっかり休ませることによって、デトックス機能を回復させるという効果があります。このデトックス機能を促進させるためには、朝、野菜ジュースや酵素液を飲むとさらに効果的だということを聞き、青汁を飲み始めました。

選んだのは豆乳がブレンドされている青汁

今飲んでいる青汁は、あらかじめ豆乳がブレンドされています。原材料は大麦若葉。はっきりいって青汁とは思えないくらい美味しいです。そもそもこの青汁を選んだのは、美味しくないと続けられないだろうと思ったからでした。

実のところ、この青汁にたどり着く前に、トマトジュースや酵素液、自家製の野菜ジュース、100パーセントの青汁等も飲んでみたのですが、もともとそんなに野菜好きではない上、ジューサーを使用するのはおろか、100パーセントの青汁をわざわざ豆乳で割ったりすることさえ、毎日のことになると煩わしいのです。だったら健康成分の量はともかく、飲みやすく、消化に負担をかけない豆乳があらかじめ入っている青汁がいいだろうと思ったのです。

キチンと効いている実感があります。

青汁を飲むようになってから、ただ朝食を抜いていた時よりも、確かにお通じの調子がよくなりました。満足感はありますが、朝食を食べた時のように、午前中眠くなってしまうようなこともありません。また、現在半年くらい飲み続けていますが、女性周期による肌のゆらぎがなくなってきている気がします。特に何かというと発生していた白ニキビがすっかりおさまりました。青汁にもっとも期待している成分はビタミンですが、それがちゃんと効いている実感があるのが嬉しいです。

 

管理人からのコメント

豆乳ブレンドということはひょっとして伊藤園の毎日一杯の青汁ですかね??あれ、甘過ぎませんか??

豆乳入りの青汁(毎日1杯の青汁)

青汁に、なぜ、ここまで余計なものを入れるの??と個人的には感じる青汁です。とはいえ、青汁に豆乳をブレンドするのは王道の飲み方ですので私もよくやります。ただ、経験上、豆乳がブレンドされたものを毎日飲んでいても飽きるので粉末青汁を別に買って、豆乳を別途常備しておくのがおすすめです。そのほうが、ヨーグルトに入れたりなど、もっと幅広い使い方が出来ますよ☆

あと気になったのが、成分量はともかく、という部分。効果を実感されているようなので、今すぐほかの青汁に変える必要はないと思いますが、青汁を飲んでいて、さらに朝食も抜かれるということなので、やっぱり成分量にも気を使って頂きたいかなと感じました。

半断食と相性の良いと思われる青汁

大麦若葉を主原料とする青汁でしたらリッチグリーンが当サイトのおすすめです。なぜなら、特別な大麦若葉の品種の「赤神力」を使っていて栄養価が高いので、半断食との相性は抜群、だと思います。安心感が違います。酵素が生きていることが売りで信頼度も高いので機会がありましたらぜひとも試してみてください(青汁に対する価値観変わると思います)。とても美味しい青汁ですえがおの青汁満菜の体験談はこちら

豆乳を混ぜることすら面倒とは、すごくめんどくさがりな方のようですが(笑)、それはおそらく、溶けにくい青汁しか飲んでこなかったからだと思います。粉末青汁の中にも溶けにくいものと溶けやすいものがあって、溶けやすい青汁だったらめんどくさがりの方でもすごく続けやすいので(私が実体験済みです)チャレンジしてみてください☆

あなたにおすすめの青汁が見つかる。青汁診断はこちら。