私が青汁に興味を持ったきっかけは30を過ぎてから身体に疲労感を覚え、朝起きるのが辛くて「これはどうにかしなければならない」と思ったからでした。当時、食事のバランスも非常に悪く、ゴマパワーのセサミンなど、様々なサプリメントを試してみたものの、あまり効果が見られないなーと思っていました。

 

そこで出会ったのが青汁です。そして、青汁の中でも味はまずくてもいいからとにかく栄養の摂れるものを飲もうと思っていた私が出会ったのが「遠藤青汁」でした。青汁を発明した遠藤仁郎先生の青汁、つまり元祖です。

 

含まれている成分はなんとケール100%。他に余分なものは一切入っていないというところに惹かれて手に入れました。

 

実際飲んでみて、味はまろやかなのですが、やっぱり青汁の中の青汁という感じ。ケールというのはキャベツの原種ですが、味が青臭いんです。昔CMで流行ったまずい、もう一杯の青汁もケールが元になっているんだと思います。だけどこれで栄養不足が解消できるならと思い、豆乳と合わせたりして飲み続けました。

 

1ヶ月目は食物繊維の効果からか、便秘というものと無縁になりました。もともとそこまで便秘をするほうではなかったのですが、とにかく快腸になって驚いたのを覚えています。そして狙い通り、目覚めが良くなってきたのを感じました。私には色々と入っているものよりケールだけしか入っていない遠藤青汁が身体に合っていたようです。疲労感も薄くなった、疲れにくくなったな、と思います。これから青汁をはじめようと思っている方にはいいと思います。(本当の青汁の味を知るという意味でもw)

 

現在は瓶タイプのものをやめて粒タイプの青汁を飲んで継続しています。これからも手放せません。

遠藤青汁の粒タイプ

粒タイプは飲みやすくておすすめ。忙しいときにも出張のときにも気軽に持ち運べます。

 

管理人からのコメント

出ましたね、青汁の元祖、遠藤青汁。遠藤博士のおかげで青汁が生まれたんだから感謝しなければいけませんよね。でもわたしにとって疑問なのは普及会みたいな会が乱立しているところなんですよね。。どうしても怪しく感じてしまう。

ケール100%の遠藤青汁は便秘に対する良い評判を多く耳にします。問題は味がマズいところに他なりませんが、サプリメントタイプも出てきたんですよね。わたしも手元にありますが、こちらも成分表記はケール葉末のみです。これなら飲めますので遠藤青汁に惹かれている方はまずは粒のものをお試しになることをお勧めします。

特に、青汁が初めての方だったら、最初から飲むタイプの遠藤青汁はやめたほうがいいと思います。。匂いでも心が折れます。笑

遠藤青汁友の会の実店舗(青汁サービススタンド)は銀座の中心からちょっと離れたところにもあるので(佇まいはおしゃれなカフェみたいな感じ、かも?)私はちょっとまだ入店するに至っていないのですが、初めての方はまずは店舗で飲んで味を確認してからにしても良い気がします・・・。

遠藤青汁友の会青汁サービススタンド

 

同じサプリメントタイプのケールの青汁だったらステラの贅沢青汁が私の一押しです。こちらも300名限定のモニターを募集しているのでお試しになりたい方は急いでください。青汁も元祖から変わってきて原材料、品質をもっと高めていかなくてはいけないですし、ケールを使いつつ、変化を持たせることで進化を再現している青汁だと思います。贅沢青汁にはケールだけではなく、クロレラや長命草も入って、日本一の最高品質を目指していらっしゃいますので、それらも非常に魅力的です。

とにもかくにも、出先で粉末を混ぜて青汁を作るのはなんとなく気が引けますし、粒タイプの青汁はお出かけのときに本当に重宝しますよね。

あなたにおすすめの青汁が見つかる。青汁診断はこちら。