ユーグレナの緑汁と書籍「僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。」

青汁は元々飲んでいましたが飽き症のため・・・

元々ずっと青汁を飲んでいたのですが、元々飽き症だったこともあって、他の青汁を探してみました。元々の青汁良かったのですが、もっと良いものがあるのではないかと思ってしまう性格なんです。

そこで出会ったのが、ミドリムシが原材料の青汁、です。ミドリムシって名前は知っていたものの、「え、食べられるの?」「ていうか、健康に良いの?」と思ったのが最初の素直な感想です。実際、そのときは注文をしないでスルーをしました。

書店でまたミドリムシ(ユーグレナ)に出会った

あるとき、本屋さんをぶらりぶらりとしていると面白いタイトルの書籍に出会いました。それが世界で初めてミドリムシの大量培養に成功した株式会社ユーグレナの社長である出雲氏が書いた「僕はミドリムシで世界を救うことにした。」というタイトルの著書でした。

著書を買い、パラパラと読んでみるとただのベンチャー立ち上げの話ではなく、ミドリムシの持つ可能性を追求する姿がすごく尊敬できたため、読後、すぐにネットで先日みたミドリムシが原材料の青汁、ユーグレナ社が出している「緑汁」を注文することにしました。

あれ、便通が前より良いかも?

そして飲み始めて1ヶ月。元々青汁をずっと続けていたため、便通が悪いほうだとは思っていませんでしたが、前にも増して便通がよくなっている気がしたんです。ミドリムシにはパラミロンという独自の成分が入っているとのことで、そのおかげかなーと思っています。

公式HPに大腸がんの抑制効果の記載を発見

さらに色々と調べてみると、ユーグレナ社のHPのニュース欄に、ミドリムシの独自成分であるパラミロンが大腸がんを抑制する効果があることが判明、といった記載がありました。家族に大腸がんで亡くなったものがいたので、これは有り難い効果だと思って飽き症な私が現在まで続けています。

何よりミドリムシは魚などの栄養素まで含まれているいわゆる未来の万能食材なので、もうすぐ「新製品を試す」という感覚ではなく、「身近にあって当たり前のもの」になっていくのではないかなと思っています。

管理人からのコメント

管理人も大好きな原材料であるミドリムシ(ユーグレナ)。私も書籍は拝読しました。ビジネスのことは正直よくわからないのですが、日本ってバイオベンチャーが弱いから中々新素材とかが出てこないのはなんとなく知っていて、そんな中、ミドリムシを大量培養することに世界で初めて成功して、今まさに拡大しようとしているのは本当にすごいことだと思います。

著書によると、このユーグレナ社の社長である出雲さんの出発点は「バングラデシュの貧困を解決したい!」と思ったところにあるそうです。乾パンなどはたくさんあるけど、それだけじゃ栄養が偏ってしまうため、栄養失調に陥ってしまう、、、そんな現地の人たちを救いたいという想いがきっかけとなってミドリムシまでたどり着いたなんて、、、かっこいいですよね!

著書に書かれているホリエモンが「そんなに栄養が万能なら宇宙飛行士の宇宙食にいいよね」と目をつけたという話も青汁マニア、かつ、健康商品マニアとしてすごく興奮させて頂きました!

大量培養が出来るようになって青汁(緑汁)にも、これからまだまだ色々な効果が発見されていくと思います。

より詳細な魅力の解説は

>>ユーグレナの効果と効能についての詳細な解説はこちら

>>ユーグレナファームが販売している緑汁の味や飲み心地レビューはこちら

にそれぞれまとめてありますので合わせて参考にしてみてください!

あなたにおすすめの青汁が見つかる。青汁診断はこちら。