青汁をたくさん飲んできた管理人がおすすめの青汁をランキング形式でご紹介&青汁関連の情報を掲載している情報サイト。

桑の葉について

最近の方や街中に住んでおられた方には、桑と言ってもピンと来ないかもしれません。

桑とは落葉樹で、雌雄異株の植物です。高木にもなりますが、長年葉を採るのが目的とされていた為、そこまで大きくなった木はほとんど見かけません。落葉樹で甘酸っぱい実をつける事でも知られ、昔から親しまれてきました。ログワやヤマグワなど、桑には色々な種類が存在します。ログワの根や皮は生薬としても利用されます。

中国では絹を産み出す蚕の餌となる葉をつけることから、聖なる木とされてきました。同様に、絹を生産していた日本でも、化学繊維や安価な中国製の絹が台頭するするまでは、養蚕業において、とても重要な木とされてきました。昔は何処の集落でも植えてありました。

桑の熟した実は甘酸っぱく、子供達のおやつになりました。マルベリーのジャムと言うのは、この桑の実を使ったジャムのことです。そしてこの葉は、お茶の代用品として飲まれていた地域もあったのです。一部の地域ではお茶の代用品として「桑茶」が飲まれており、柔らかいものは天ぷら等でも食されます。そんな桑の葉の健康効果が、最近の研究によって徐々に明らかになってきました。

 

桑の葉の成分

桑の葉で注目されている成分の代表的なものがデオキシノジリマイシンです。

デオキシノジリマイシンというのは、桑の葉でしかまだ発見されていない新しい成分で、糖尿病の症状改善に効果があると言われています。
糖分は小腸で吸収されますが、それを遅らせる効果があるので、糖尿病だけでなく、ダイエットやメタボリックシンドロームの予防、血圧上昇にも効果が期待されています。甘いものが止められないけどダイエットがしたい方には、向いている成分と言えるでしょう。そして主食が穀類である日本人自体にも、向いているともいえるかもしれませんね。

血糖値の上昇を抑える薬などですと、連続使用すると低血糖を起こしてしまう場合もありますが、桑の葉を研究する団体が、「桑葉エキスを1ヵ月以上もの期間、続けて摂っても低血糖を起こさない」という発表をした事で、更に注目を浴びる事になりました。

また、桑の葉には他にも成分が含まれていますので、糖尿病の予防改善やダイエット以外の効果もあります。鉄やカルシウム、ビタミンB1、カロチン、フラボノイドと様々な成分が含まれます。その中でも桑の葉に含まれる食物繊維には「便秘改善効果」があります。便秘を改善出来れば「美肌効果」も生まれます。又、ギャバも含まれていますので、「二日酔い予防」などの効果も期待出来ます。

 

桑の葉の採り方

では、注目を浴びている、桑の葉に存在するデオキシノジリマイシンを摂るにはどうしたら良いのでしょうか?桑の葉の食品としては、お茶が代表的なものですが、青汁や桑の葉エキスを使ったサプリメントなども販売されています。血糖値の改善やコントロール目的でしたら、桑の葉のお茶を食後15分程度に摂るのが望ましいです。食中でもかまいません。この場合、デオキシノジリマイシンを抽出したサプリメントなどもありますので、それを摂るのも良いです。ダイエットにしても、食後は桑の葉のお茶を飲むことをお勧めします。

お茶を入れるのが面倒だと言う方には、青汁が良いです。桑の葉が配合されている青汁は、数多く販売されています。他の成分も併せて摂れるので、効果が高いといえるでしょう。そんな有益な成分のある桑の葉は、昔ならともかく、今では家の近くで簡単に入手することはまず出来ません。なので通販や、健康食品店などで製品化したものを入手するしかないのが現状です。

成人病予防や健康増進やダイエット、様々な効果で注目を集める「桑の葉」を上手に活用して、毎日を快適に過ごしましょう。

 

桑の葉を使った青汁で当サイトがおすすめする商品

  • 神仙桑抹茶ゴールド(お茶屋さんが開発した青汁でとても飲みやすく、美味しいです。当サイトでも大人気。原材料にも余計なものが入っていないので桑の葉に注目している方にはとてもおすすめ)

総合NO1のおすすめ青汁

ふるさと青汁はこちら

青汁選び

あなたにピッタリの青汁診断

自己紹介

こんにちは。青汁コンシェルジュです。調理師免許を保有しています。青汁歴は5年ほどになり、何十種類もの青汁を試してきました。そんな中から個人的におすすめ出来る青汁をランキング形式でご紹介したり、青汁選びに役立つTIPSをまとめていければと思っています。あなたの健康的な生活のために少しでもお役に立てたら嬉しいです。

Copyright © 青汁の私的研究室 All Rights Reserved.