青汁をたくさん飲んできた管理人がおすすめの青汁をランキング形式でご紹介&青汁関連の情報を掲載している情報サイト。

青汁とリン

リンはカルシウムに次いで多いミネラルです。どのくらい多いのかというと我々の体重の1%はリンです。体内では80%弱が(リン酸カルシウムという形で)骨などに使われてカルシウムと相互に関係しています。残りの20%はリン脂質や核酸の形で、ビタミンB1やビタミンB2と結びついて補酵素となってくれたり、糖質の代謝を促進する、浸透圧の調節などに関わっています。

 

リンが不足するとどうなるの?

体内でリンが不足すると骨軟化症、食欲不振、だるさ、発育不全などが起こる可能性があります。ただ、リンに関しては欠乏することはあまり心配しなくても大丈夫です。なぜならリンは牛乳や肉、魚、小麦胚芽などに幅広く含まれており、かつ加工食品にもリン酸塩という形で使われているので、むしろ過剰摂取を気をつけたほうが良いでしょう。特にインスタント食品をよく食べる方は過剰摂取が懸念されています。リンの過剰摂取は骨の代謝異常やマグネシウムなどの吸収を妨げることになります。青汁にもリンは含まれていることが多いのでご不安な方は以下のポイントをしっかりとチェックしてください。

どのくらい摂取すれば良いの?

食事摂取基準としては成人男性が一日に1050mg、成人女性が900mgが目安とされています。上限は3500mgとされています。

と、数字を聞いても一般の方はピンとこないと思います。結局はバランスが大切で、リンはカルシウムと1:1で摂取するのが理想的という見解が多いです。最高でもリンとカルシウムのバランスが2:1には収まるようにしてください。それ以上リンを摂取してしまうと、カルシウムが骨から溶けて出てしまいます。青汁にもリンは含まれていることが多いですが、上記のことからカルシウムが含まれている青汁を摂取することが必須であると言えます。

 

一般的なリンが多く含まれている食品

  • イワシ
  • 胡麻
  • チーズ
  • ココア、など

総合NO1のおすすめ青汁

ふるさと青汁はこちら

青汁選び

あなたにピッタリの青汁診断

自己紹介

こんにちは。青汁コンシェルジュです。調理師免許を保有しています。青汁歴は5年ほどになり、何十種類もの青汁を試してきました。そんな中から個人的におすすめ出来る青汁をランキング形式でご紹介したり、青汁選びに役立つTIPSをまとめていければと思っています。あなたの健康的な生活のために少しでもお役に立てたら嬉しいです。

Copyright © 青汁の私的研究室 All Rights Reserved.