青汁をたくさん飲んできた管理人がおすすめの青汁をランキング形式でご紹介&青汁関連の情報を掲載している情報サイト。

純藍の藍の青汁(島根県産の蓼藍が入っている青汁)

新素材であり、日本人にとっては昔から馴染み深い「藍」を入れた青汁

全く聞いたこともない原材料の青汁を見つけたので「これは!!」と思い早速購入してみました。

その原材料とは、なんと藍染めで有名な「藍」が入っている青汁です。

ちなみに、藍染めとインディゴ染めは全くの別物ですので、一緒だと言っている洋服屋があったら気をつけましょう。青汁とは関係ないですが(笑)。藍染めの藍は殆ど取れないので、その代替品としてあるのがインディゴ染め(化学染料)です。

蓼藍で藍染めをしようと思うと、ただでさえ生産地が減っているのに、たくさんの蓼藍から染められるモノは少ない(染めるための瓶に入れるときにギュッと凝縮される)ので、どうしても値段が高くなってしまうのでインディゴが多用されます(インディゴは飲んだら身体に悪いです)。

そんな殆ど取れない藍染めの原材料、蓼藍をなんと青汁に入れてしまったというのがこの藍の青汁です。株式会社純藍というまさに藍尽くしの会社から発売されています。

藍の藍染めの注文から実飲まで

到着した藍の青汁

というわけで、到着した藍の青汁がこちら。パッケージは緑と青(藍)のコラボレーションという感じです。

藍の青汁のパッケージ(裏面)

箱の裏側はこんな感じ。入っているのは島根県の蓼藍と、国産の大麦若葉と、乳酸果糖のオリゴ糖とのこと。

藍の青汁の原材料

大麦若葉、乳糖果糖オリゴ糖、藍抽出物の後に書かれているトレハロースは天然の糖質です。甘さを調節するために入っているものと考えられます。

藍の青汁の飲み方

1日1−3袋とありますが、3袋飲んだら10日で終わってしまうので1袋で良いのではないかと思います。

藍の青汁のパック

パックは青汁らしくきちんと緑色です。

藍の青汁の粉末

粉末の白い部分は原材料の中の乳糖果糖オリゴ糖でしょう。

「あれ?粉末は藍色じゃないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、藍染めは藍色なわけではなく、蓼藍という緑色の植物が空気に触れて藍色になるので、れっきとした植物ですから緑色で問題ありません。笑

藍の青汁の完成品

というわけで、早速水を入れて飲んでみました。

数回かき混ぜたらサッと溶けてしまいました。すごく溶けやすく、サッと準備して、サッと飲めるでしょう。

藍の青汁の味は?

飲む前は、「藍の味って・・・?」と恐る恐るでしたが、大麦若葉の飲みやすさが優っているので、喉にひっかかりなどを感じることなく、サッと飲める(すごく飲みやすい部類です)、かつ、飽きることなく飲むことが出来る青汁です。チョイ苦、チョイ甘、という感じです。

藍の青汁の原材料の詳細

そもそも藍が食べ物として使われることに驚く方も多いかもしれませんが、スーパーなどには売っていないものの、薬膳料理などでは稀に使われている食材です。

オランダでは3つの未知のポリフェノールが含まれているということが学誌に発表されていて、この藍の青汁を発売している株式会社純藍さんは研究機関と共同で研究を進めているそうです。さらに食物繊維や鉄分、亜鉛などの栄養素も青汁の主原料であるケールとは違ったバランスで多く含まれているとのこと。

で、その新しいポリフェノールに純藍ポリフェノールという名前まで付けてしまっているのが販売元の純藍さんです。

さらに青汁の原料として一番使われている大麦若葉(植物繊維が豊富)や、乳酸菌も含まれていて、青汁に対して求める人が多い腸内環境の改善にも良いとされるものが多く含まれています。

藍の青汁の価格

藍の青汁の価格は1箱、30袋で1,800円(税別)とかなり安いです!

これは定期注文の価格ですが、次回発送の1週間前までに解約をすればいつでも解約できるのでお試しであってもこの1,800円という価格で試すことが出来ることになります(ただし、青汁全般に言えることですが長く続けないと効果は実感しにくいことはお忘れなく)。

1袋あたり60円というのは私が知っている青汁の中でも最安の部類(もちろん原材料に何が使われているのか不明瞭なよくわからない青汁は論外として)ですから、青汁が初めての方の導入としてもオススメ出来ます。

藍の青汁についてのまとめ

そもそも蓼藍って江戸時代は全国で育てられていましたが、今は島根などごく一部の地域でしか育てられていないので、採れない、ということは青汁の原材料に蓼藍を使える企業はかなり限られているので、その効果を実感したいのであれば、この藍の青汁がオススメです。販売元の純藍さんは藍を使った食材に関する研究のリーダーカンパニーといえるのではないでしょうか。

藍といえば、当然、「藍」色なわけで、普通、「緑」色の「青」汁に使おうと思わないですよね・・・、と書いていて、わけがわからなくなってきました。笑

「藍」はまだまだ未知の部分も多い食材ではあるものの、大麦若葉という青汁のメイン原材料も使われているので、安心して飲める良い青汁だと思います!

公式サイトはこちら

みんなの藍の青汁に対する評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars6 Stars7 Stars8 Stars9 Stars10 Stars
この青汁を飲んでいるなら(飲んだことがあるなら)、スターにクリックして評価にご協力をお願い致します。今のところ、みんなの平均得点は6.00点(10点満点)です。
Loading...

【各種商品を比較】あなたにピッタリの青汁診断

総合NO1のおすすめ青汁

ふるさと青汁はこちら

青汁選び

あなたにピッタリの青汁診断

自己紹介

こんにちは。青汁コンシェルジュです。調理師免許を保有しています。青汁歴は5年ほどになり、何十種類もの青汁を試してきました。そんな中から個人的におすすめ出来る青汁をランキング形式でご紹介したり、青汁選びに役立つTIPSをまとめていければと思っています。あなたの健康的な生活のために少しでもお役に立てたら嬉しいです。

Copyright © 青汁の私的研究室 All Rights Reserved.