青汁をたくさん飲んできた管理人がおすすめの青汁をランキング形式でご紹介&青汁関連の情報を掲載している情報サイト。

肌の炎症・ニキビ・吹き出物が気になる方

肌荒れが気になる方にとってキーワードになるのは活性酸素です。活性酸素の刺激によって肌が荒れてしまっている方も多いはずです。活性酸素、特に一重項酸素を防ぐためにはビタミンA(βカロテン)の有用性がいわれています。簡単にいうと、紫外線などに対してのバリアーの役割としてβカロテンを摂取することが必要だということです。

紫外線はお肌の敵ということは一般的にいわれていますが、対処するためにどのような栄養成分を摂取したらいいのかはまだあまり一般的になっていないように思います。紫外線は長年浴び続けると皮膚がんの原因にもなります。人間の仕組みとして紫外線を防ぐためにメラニン色素が作用します。お肌を守るための最終手段というと少し語弊があるかもしれませんが、そのようなイメージを持って頂けたらわかりやすいと思います。シミやそばかすの原因となるため、すっかり悪役扱いですが、活性酸素に対して我々の身体を守ってくれます。ただ、その最終手段のメラニンはシミの原因になってしまいますから、頼らないのがベストなわけです。メラニンに頼らないで、βカロテンを始めとした抗酸化ビタミンを普段から摂取していれば活性酸素に対抗する必要があります。 青汁の原材料になる大麦若葉のβカロテンはカボチャよりも多いのでここでも青汁が活躍します。

ビタミンCもお肌を綺麗に保つために有効だといわれていますが、その働きはメラニン色素が肌に沈着するのを防いでくれる役割があるためです。また、ビタミンB2、B6、ニコチン酸も肌組織を守るために必要ですので積極的に摂取をするようにしてください。特に乾燥する季節などに唇の端がキレてしまう方にもB2、B6が有効です。

ビタミンEは肌の瑞々しさを保つために欠かすことは出来ません。肌は末端神経がたくさん通っていますから、ビタミンEの持つ血管拡張作用によってその末端神経から老廃物を除去し、お肌のはりや瑞々しさを保ってくれます。老化現象にも効果あり、アンチエイジングの役割がいわれているというのはこのためです。

ニキビや吹き出物は様々な要因で出てきてしまいますので、上記の栄養素を中心としてバランスよく摂取する必要があります。ビタミンAはお肌の免疫力を高めることでアクネ菌にも強くなりますのでニキビや吹き出物にも効果がありますし、ビタミンCは抗酸化作用、ビタミンBは皮脂過剰の予防、といった具合にどれも関係してきます。マルチビタミン効果があるサプリメントや青汁を使って予防していきましょう。

総合NO1のおすすめ青汁

ふるさと青汁はこちら

青汁選び

あなたにピッタリの青汁診断

自己紹介

こんにちは。青汁コンシェルジュです。調理師免許を保有しています。青汁歴は5年ほどになり、何十種類もの青汁を試してきました。そんな中から個人的におすすめ出来る青汁をランキング形式でご紹介したり、青汁選びに役立つTIPSをまとめていければと思っています。あなたの健康的な生活のために少しでもお役に立てたら嬉しいです。

Copyright © 青汁の私的研究室 All Rights Reserved.