青汁をたくさん飲んできた管理人がおすすめの青汁をランキング形式でご紹介&青汁関連の情報を掲載している情報サイト。

粒タイプの青汁の続けやすさ

粒タイプの青汁(贅沢青汁と元気なあおじる)

粒タイプの青汁で当サイトがおすすめする青汁、上記の画像の左が元気な青汁、右側が贅沢青汁です。

飲みやすい青汁として今は粒タイプの青汁も多数発売されるようになってきました。続けやすい、として特に注目されているのが粒タイプの青汁です。では、粒タイプの青汁にはどのような特徴があるのか、評判はどうなのかを口コミ情報や私の体験談を元に見ていきたいと思います。

粒タイプの青汁=(ほぼ)ケールの青汁

粒タイプの青汁は粉末タイプの青汁と違い、現在、発売されているもののほとんどがケールを主な主原料としています。野菜の王様といわれ、栄養価が高いのはわかっていても、水に溶かして飲むとケールは「罰ゲームの飲み物」へと変貌するので手を出しづらい・・・、でも粒タイプならその罰ゲーム感は感じません。これは私が今までに試した全ての粒タイプの青汁において言えることだと思っています。つまりケールの青汁はその飲みにくさを克服するために「進化」したといっていいでしょう。

逆にいえば、大麦若葉など親しみやすい味の青汁原材料は粒タイプにする必要性が低いといえるでしょう。

粒タイプの青汁のメリットとデメリット

粒タイプの青汁にもいくつかメリットとデメリットがあります。もちろん、続けやすさは人それぞれの生活環境によって違いがあると思いますが、粒タイプの青汁も粉末タイプと同時並行して続けている私の視点でまとめますのでぜひとも参考にしてみてください。

メリット

  • とにかく飲むのが楽。シェイカーで混ぜたりする必要がないというのは飲みやすさ、続けやすさという点で大きなメリットです。
  • 商品にハズレが少ない。私が試してきた粒タイプの青汁はどれも良さがありました。まだ粒タイプの青汁がそこまでないのも関係しているとは思いますが、どれも良かったと思いますし、評判もいいです。
  • 栄養価の実感が大きい。当サイトに頂く口コミ情報の中でも目覚めの良さと便秘に対しての声を聞くことが多かったです。

デメリット

  • ヨーグルトに入れるなど、工夫して飲むことが出来ない。グリーンスムージーにすることも出来ません。
  • 今までの粉末青汁などの形に慣れ親しんできた方にとっては、「飲み応え」という点で物足りない感があるかもしれません。

粒タイプ青汁の飲みやすさ、続けやすさ(まとめ)

粒タイプの青汁はとにかく続けやすいです。バッグの中に入れておけば、いつでも飲むことができるので、青汁を飲むことを「義務感」にしなくていいのが素晴らしいと思います。

さらに、野菜の王様のケールの青汁を続けたい、というニーズをお持ちの方は多いと思いますが、そのような方の苦しみ(マズさ)から解放されてくれるので今まで続かなかったという方にはぜひともお試し頂きたいと思います。

普通の市販のサプリメント(ビタミン剤など)と違うところは、粒タイプの青汁の場合、「野菜の栄養」にとにかくこだわっているものがほとんどだということです。有機的な野菜を使って製造されたものを選べば安心してお野菜の栄養を頂くことが出来ます。

総合NO1のおすすめ青汁

ふるさと青汁はこちら

青汁選び

あなたにピッタリの青汁診断

自己紹介

こんにちは。青汁コンシェルジュです。調理師免許を保有しています。青汁歴は5年ほどになり、何十種類もの青汁を試してきました。そんな中から個人的におすすめ出来る青汁をランキング形式でご紹介したり、青汁選びに役立つTIPSをまとめていければと思っています。あなたの健康的な生活のために少しでもお役に立てたら嬉しいです。

Copyright © 青汁の私的研究室 All Rights Reserved.