青汁をたくさん飲んできた管理人がおすすめの青汁をランキング形式でご紹介&青汁関連の情報を掲載している情報サイト。

青汁とビタミンA

ビタミンAの効果

ビタミンAは主に私たちの肌や粘膜を守る役割を持っています。口内炎予防、肌の乾燥予防ためにはビタミンAが不可欠であることもわかっています。特にご年配の方の肌の乾燥にはビタミンAの不足が原因として挙げられます(特にレチノインの仲間のレチノイン酸が大きく関係しています)。また胃や肺などの粘膜も守るため、がんの発症を抑えてくれることでも知られています。米国国立癌研究所でもがん予防のために1日当たり、6mgのβカロテン(詳しくは後述)を摂取すること推奨しているんです。

 

不足することで夜盲症になってしまうことでも知られています。夜盲症は暗闇で目の調節が効かなくなってしまう病気です。このことから目から脳への情報伝達にもビタミンAはかかすことが出来ないということがわかりました。

 

ビタミンAとは?

ビタミンA(一般的に人間が必要としている栄養素として言われているほとんどがビタミンA1(レチノール))は似ているものも総称してレチノイドと呼ばれます。

 

あまり知られていないようですが、ビタミンAは動物性の食品、レバーや卵などから摂取する場合と、植物性食品から摂取する場合では性質が全く違ってきます。動物性のものはレチニルエステル、植物性のものはカロテノイドとして摂取されます。この違いをよく知らなければ青汁を選ぶときのビタミンAについてもよくわからないまま、ただなんとなくビタミンAの含有量だけを見て選ぶことになってしまいます。

 

ビタミンAは過剰摂取はダメです。ただし、それは動物性のビタミンAがダメなのであって植物から採れるビタミンAの前の段階であるβカロテンを始めとするプロビタミンA(Pro-VitaminA)と呼ばれるビタミンAの前の段階の色素などは過剰摂取による悪い副作用はまだほとんど認められていません。

 

ビタミンAプロビタミンAという2つの摂取方法があり、前者は動物性のもので過剰摂取が危険(exレバー)、後者は植物性のもので過剰摂取の心配はない(exほうれん草などのβカロテン)、と覚えておけばいいと思います。プロビタミンAは体内で蓄積されないため、過剰摂取の心配がないのです。つまり、青汁でβカロテンなどを摂取する場合は過剰摂取の心配がないということです。

 

ビタミンA

動物性食品からレチルエステル(exレチノール)として摂取→過剰摂取の危険性あり(もちろん摂取することが必要であることはお忘れなく)

 

プロビタミンA

植物性食品からカロテノイド(exβカロテン)→体内でレチノイドに変化→がん予防効果、抗酸化作用など

 

青汁でビタミンAを摂取するときに気をつけること

ビタミンA、βカロテンを始めとするプロビタミンAは脂に溶けた状態で吸収率が上がる(脂溶性)という特徴を持っているので、青汁で補給するのには若干向きません。

 

もちろんβカロテンが含まれている青汁はたくさんあり、最終的には摂取量×吸収率ですので飲まないよりも飲んで補給したほうがいいのはもちろんなのですが、気になる方は青汁に加えてほうれん草をバターで炒めるなどして積極的に補給していくのも良いでしょう。

ビタミンA類が豊富に含まれている青汁に使われる原料

  • ケール(2900μg)
  • 明日葉 (5300μg)
  • クマザサ (食品標準成分表に表記なし)

参考:ほうれん草(生) (4200μg)

総合NO1のおすすめ青汁

ふるさと青汁はこちら

青汁選び

あなたにピッタリの青汁診断

自己紹介

こんにちは。青汁コンシェルジュです。調理師免許を保有しています。青汁歴は5年ほどになり、何十種類もの青汁を試してきました。そんな中から個人的におすすめ出来る青汁をランキング形式でご紹介したり、青汁選びに役立つTIPSをまとめていければと思っています。あなたの健康的な生活のために少しでもお役に立てたら嬉しいです。

Copyright © 青汁の私的研究室 All Rights Reserved.