青汁をたくさん飲んできた管理人がおすすめの青汁をランキング形式でご紹介&青汁関連の情報を掲載している情報サイト。

青汁とビタミンB2

ビタミンB2の効果

ビタミンB1が糖の働きを支え、脳や神経などの働きに深く結びついているビタミンなのに対して、ビタミンB2は炭水化物やたんぱく質(及び糖質)の働きを支え、「成長」と深く結びついていると言えます。皮膚や髪の毛などの成長にもビタミンB2が関係しています。脂肪を燃やしてエネルギーにする役割もこのビタミンB2が大きな役割を果たしているため(過酸化物質の分解効果)、ダイエットのためにもかかすことはできません。似た効果にビタミンEを聞いたことがある人もいらっしゃると思いますが、ビタミンEは過酸化物質が作られるのを「抑える」ビタミンになります。ビタミンB2の持つ過酸化物質を「分解する」という効果は動脈硬化にも効果があります。同時に、目や舌などいわゆる粘膜部分の働きも支えてくれるビタミンです。

 

女性、特に妊娠中の方で青汁に興味を持たれる方はとても多いと思います。そのような方はビタミンB2の含有量を中心に選ぶ、もしくは青汁を牛乳と一緒に飲むことをおすすめします。成長のビタミンであるビタミンB2は美容にも非常に良い効果をもたらしてくれます。また、食べて痩せるダイエットにも上述の過酸化作用からビタミンB2は欠かすことが出来ないので美容・ダイエットの観点から青汁を飲みたいという方にも注目してほしい成分です。不足することで白内障のリスクも増し、口角炎、目の疲れなどの症状が出てしまいます。

 

ビタミンB2とは

ビタミンB2は化学名をリボフラビンといいます。 ビタミンB2は牛乳から発見されました。その発見された成分から熱に弱いものがビタミンB1、熱に強いものがビタミンB2とされました。ただし、光には弱いので注意しましょう。

わかりやすく特徴を解説すると以下のような形になります。

ビタミンB1とB2の比較画像

 

ビタミンB2が多く含まれている食材

一般的にビタミンB2は牛乳や卵など動物性の食品に多く含まれている他、青汁に使われる緑黄色野菜にも多く含まれています。大豆にも含まれているのですが、納豆の形が一番多く含まれています(よくテレビなどで納豆が美容に良いと言われているのはこのビタミンB2の観点からがほとんどです)。

 

ビタミンB2が豊富に含まれている青汁に使われる原料

  • ゴーヤ
  • 明日葉
  • 大麦若葉

総合NO1のおすすめ青汁

ふるさと青汁はこちら

青汁選び

あなたにピッタリの青汁診断

自己紹介

こんにちは。青汁コンシェルジュです。調理師免許を保有しています。青汁歴は5年ほどになり、何十種類もの青汁を試してきました。そんな中から個人的におすすめ出来る青汁をランキング形式でご紹介したり、青汁選びに役立つTIPSをまとめていければと思っています。あなたの健康的な生活のために少しでもお役に立てたら嬉しいです。

Copyright © 青汁の私的研究室 All Rights Reserved.