青汁をたくさん飲んできた管理人がおすすめの青汁をランキング形式でご紹介&青汁関連の情報を掲載している情報サイト。

青汁とビタミンK

ビタミンKの効果

ビタミンKの大きな役割は血液を凝固させるために必要となる役割、また、骨粗しょう症の予防効果が知られています。特に妊婦の型は、ビタミンKが不足してしまうと新生児K欠乏性出血症になるリスクがあります。特に妊娠後期の方はおそらく病院でも意識的に摂取することをおすすめされると思います。骨を守ってくれ、妊婦さんには必要不可欠なビタミンということが言えます。子供のときには血管が細いので脳内に出血が起こってしまう恐れがあるためです。当サイトに集まる体験談の中にもビタミンKに気をつけるように言われたから青汁を飲むことにしたという妊婦様の声が多いです。

 

青汁でビタミンKを摂取してはいけない方もいます

青汁にはビタミンKの過剰摂取による危険性があるので注意をしなければいけません。飲んではいけない方のところでもご説明させていただきましたが、ワーファリンを飲んでいる方は血液を凝固させるために飲んでいるにも関わらず、ビタミンKの作用と戦ってしまって薬が上手く効かないという自体が起こってしまいます。

その他の方には過剰摂取心配は報告例がありません。(K1とK2のみ)

 

ビタミンKとは

ビタミンKはK1からK7まで存在しますが、K3以降は自然界には存在せず化学的に生み出されたビタミンなので、一般的にビタミンKといえば、K1、K2のことを指します。K1の化学名はフィロキノン、K2はメナキノンといいます。

納豆やシソ、わかめ、ほうれん草、緑茶などです。キャベツでは葉っぱの部分に多く含まれています。青汁の原料として有名な大麦若葉やケール、明日葉にも多く含まれています。また光に弱いという特徴があります。

 

ビタミンKが豊富に含まれている青汁に使われる原料

  • 大麦若葉
  • ケール
  • 明日葉

総合NO1のおすすめ青汁

ふるさと青汁はこちら

青汁選び

あなたにピッタリの青汁診断

自己紹介

こんにちは。青汁コンシェルジュです。調理師免許を保有しています。青汁歴は5年ほどになり、何十種類もの青汁を試してきました。そんな中から個人的におすすめ出来る青汁をランキング形式でご紹介したり、青汁選びに役立つTIPSをまとめていければと思っています。あなたの健康的な生活のために少しでもお役に立てたら嬉しいです。

Copyright © 青汁の私的研究室 All Rights Reserved.